なぜ引っ越し祝いのお返しは賃貸住宅に引っ越してもしたほうが良いの?

なぜ引っ越し祝いのお返しは賃貸住宅に引っ越してもしたほうが良いの?お返し

新築を建てて引っ越したときと、賃貸住宅に引っ越したときとで、引っ越し祝いのお返しは変わってくるのか気になる方もいますよね。

この記事では賃貸住宅に引っ越した方の、引っ越し祝いのお返しについてまとめてみました。

なぜ引っ越し祝いのお返しは賃貸住宅に引っ越してもしたほうが良いのか、お返しの品物の金額相場や贈る時期などについてご紹介しますので参考にしてみてください!

なぜ引っ越し祝いのお返しは賃貸住宅に引っ越してもしたほうが良いの?

引っ越し祝いをいただいたら、お返しをするのが一般的なマナーになっています。

引っ越し祝いのお返しは、本来引っ越し祝いをくれた方々を新居に招いてお披露目することを意味していて、遠方に住んでいる方などお招き出来なかった方に対して「内祝い」を贈るのが慣習となっているようです。

また引っ越し祝いを頂いた後に贈るお返しは、「幸せのお裾分け」という意味合いがあります。

賃貸アパートや賃貸マンションに引っ越したとしても、引っ越し祝いを頂いたのであれば、感謝の気持ちとして新居に招くか、内祝いを贈ることをおすすめします。

引っ越し先の賃貸物件に遊びに来てくれた方に引っ越し祝いのお返しは不要?

引っ越し先の賃貸アパートや賃貸マンションに遊びに来てくれた身内の方や、友達から引っ越し祝いを頂いた際、食事などでおもてなしをした場合には引っ越し祝いのお返しは必要ないです。

ただし引っ越し後何かと忙しい時期に新居に来ていただいて、おもてなしが出来なかった場合には、改めて感謝のメッセージを添えてお返しの品物をお渡ししましょう。

引っ越し祝いのお返しは賃貸住宅に引っ越しても金額相場は同じ?

一般的に引っ越し祝いのお返しで品物を贈るときの金額相場は、<spanclass=”marker-under”>頂いた引っ越し祝いに対して半額程度の金額のものをお返しすることがマナーと言われています。

ですので、賃貸アパートや賃貸マンションに引っ越しても内祝いの金額相場は変わらないです。

お祝いのお返しは半返しと考えると覚えやすいです。

引っ越し祝いのお返しを贈るのは賃貸住宅に引っ越す前?引っ越した後?

引っ越し祝いのお返しをする時期は、賃貸アパートや賃貸マンションに引っ越してから2か月以内が理想です。

職場仲間など普段から頻繁に顔を合わせる方から引っ越し祝いを頂から場合は、なるべく早めに「だいぶ生活が落ち着いてきました。引っ越し祝いありがとうございました。」と感謝の気持ちを伝えてお返しをお渡ししましょう。

賃貸住宅に引っ越した方の内祝い(お返し)でおすすめのもの3選

引っ越し先の銘菓

引っ越した賃貸アパートや賃貸マンションの近くに銘菓があれば内祝いの贈り物としておすすめです。

熨斗もつけていただけますし、その場で郵送してくれるなら、お礼状を持参して一緒に包んでもらいましょう。

引っ越し先の名産の果物

引っ越した賃貸アパートや賃貸マンションの地域に名産の果物があれば、そちらもおすすめです。

ただし果物は旬の時期がありますので、時期がずれている場合は旬のころに、お中元やお歳暮、暑中お見舞いなどと兼ねてお贈るするのが良いですね。

引っ越し先で有名なスイーツ

最近はどこの地域にいってもおいしいスイーツ店がありますよね。

引っ越した賃貸アパートや賃貸マンションの付近で有名なスイーツ店があるようでしたら、お相手の好みに合わせてお贈りすると喜ばれると思います!

まとめ

ここまでに賃貸住宅に引っ越した方の、引っ越し祝いのお返しについてまとめてみました。

賃貸アパートや賃貸マンションに引っ越しても、引っ越し祝いを頂いた場合には、お返しの品物をお渡しするかお贈りすることをおすすめします。

生活が落ち着いた頃に、感謝の気持ちと新生活の状況報告のメッセージを添えてお贈りして、新生活を気持ちよくスタートさせましょう!

参考記事 引っ越し祝いを貰った兄弟へのお返しは必要?不要?

参考記事 引っ越し祝いのお返しで上司に贈りたいおすすめギフト3選!

参考記事 引っ越し祝いのお返しで予算3000円以内、3000円〜5000円のおすすめギフト3選!

コメント