引っ越し祝いと結婚祝いは一緒に贈る?贈らない?金額相場や渡すタイミングの違いまとめ

引っ越し祝いと結婚祝いは一緒に贈る?贈らない?金額相場や渡すタイミングの違いまとめ引っ越し祝い

引っ越し祝いと結婚祝いが重なるときの贈り方について、どうしたら良いか悩む方もいますよね。

この記事では、引っ越し祝いと結婚祝いを一緒に贈る時について調べてみました。

引っ越し祝いと結婚祝いは一緒に贈ったほうが良いのかや、金額相場や熨斗(のし)の違いなどについてご紹介しますので、宜しければ参考にしてみてください!

引っ越し祝いと結婚祝いは一緒に贈ったほうが良い?

結婚を機に引っ越しをする方に、引っ越し祝いと結婚祝いを一緒に贈ったほうが良いか悩む方もいますよね。

結婚式に出席する場合には、結婚式当日にご祝儀をお渡しして、新居に伺うときにお菓子などを引っ越し祝いとして持参するのが一般的と言われています。

また、結婚式に出席しない場合は引っ越し祝いと結婚祝いを兼ねたギフトをお贈りすれば大丈夫です!

引っ越し祝いと結婚祝いの金額相場の違いとは

引っ越し祝いと結婚祝いでは金額相場も違います。

それぞれの一般的な金額相場は、

引っ越し祝い・・・5000円~10000円
結婚祝い・・・10000円~30000円

と言われています。

また、引っ越し祝いと結婚祝いで共通しているのは、ご自身が以前に引っ越し祝いや結婚祝いを頂いている場合には、同額程度でお贈りしたほうが良いです。

引っ越し祝いと結婚祝いは渡すタイミングも違う

引っ越し祝いと結婚祝いは渡すタイミングも違います。

引っ越し祝い・・・引っ越し後1~2ヶ月以内
結婚祝い・・・結婚式の1~2ヶ月前

引っ越し祝いは、新生活が少し落ち着いた時期に渡すのがマナーになっており、結婚祝いは結婚式の前にお渡しするのが通例になっています。

また結婚式に出席する方は、ご祝儀を当日お渡しするので、改めて結婚祝いを贈る必要はないです。

引っ越し祝いも結婚祝いも手渡しでお渡しするのが理想ですが、手渡し出来ない場合には、お祝いのメッセージを添えて、郵送しても問題ないです。

引っ越し祝いと結婚祝いを同時に贈る時はまとめて贈っても良い?

引っ越し祝いと結婚祝いを同時に贈る時には別々に贈りましょう
引っ越し祝いや結婚祝いを贈る時には、現金の場合には熨斗(のし)袋に入れ、品物をお渡しする時にも熨斗(のし)紙を付けてお渡しするのがマナーになっています。

引っ越し祝いと結婚祝いでは熨斗(のし)の種類が違いますので、それぞれ別々にお渡しすることをおすすめします。

引っ越し祝いと結婚祝いで違う熨斗(のし)の水引と表書きの違い

引っ越し祝い・・・水引:紅白の蝶結び
・・・表書き:「御祝」「御新築御祝」「御引越御祝」など
結婚祝い・・・水引:金銀か紅白の結び切り
・・・表書き:「御結婚祝い」「寿」など

引っ越し祝いは何度起こっても良いお祝い事で使用する蝶結びを、結婚祝いの場合は1度のみお祝い事で使用する結び切りの水引を選ぶのがマナーになっています。

結婚祝いで蝶結びの水引を使ってしまうと離婚を連想させてしまいますので避けるようにしましょう!

まとめ

ここまで引っ越し祝いと結婚祝いを一緒に贈る時について、個人的に疑問に思うことをまとめてみました。

お渡しするときの熨斗(のし)の水引の違いを考えると、一緒に渡すときにも別々にするのがマナー的にも良いと思います。

お祝い事ですので、贈るお相手に対して失礼のないようにすることが大切ですので、マナーを第一優先にすることが大事だと思います。

参考記事 引っ越し祝いでお洒落(おしゃれ)なもの3選!選ぶ時のポイントや注意点も解説

参考記事 引っ越し祝いを友人に贈るときは現金より商品券?

参考記事 引っ越し祝いで友達に3000円台のおすすめプレゼント5選!おすすめな理由と選び方まとめ

コメント