引っ越し祝いのお返しを身内の方に贈る時の金額相場とは?

引っ越し祝いのお返しを身内の方に贈る時の金額相場とは?お返し

引っ越し祝いをご家族や友人、職場の方など、様々な方から頂くこともあると思います。

職場の方や友人にはお返しするのはわかるけど、身内にもお返しする必要があるのかと疑問に思う方もいますよね。

この記事では身内の方への引っ越し祝いのお返しについてまとめてみました。

引っ越し祝いのお返しを身内の方にも贈るべきかや、引っ越し祝いのお返しを身内に贈るときの金額相場やタイミングなどをご紹介しますので参考にしてみてください!

引っ越し祝いのお返しを身内に贈るときの金額相場とは

引っ越し祝いのお返しを身内に贈るときの金額相場は、もらった引っ越し祝いに対して半返し程度の金額のものをお返しすることが相場だとされています。

一般的に身内からのお祝いのお返しは半返しが相場だと考えると覚えやすいです。

なぜ引っ越し祝いのお返しを身内の方にも贈るべきか

引っ越し祝いのお返しは、本来引っ越し祝いをくれた方々を新居に招いてお披露目することを意味していて、遠方に住んでいる方などお招き出来なかった方に対して「内祝い」を贈るのがマナーとなっているようです。

引っ越し祝いを頂いた後に贈るお返しは、「幸せのお裾分け」という意味合いがあります。

引っ越し祝いを頂いたのであれば、身内の方に対しても感謝の気持ちとして新居に招くか、内祝いを贈ることをおすすめします。

引っ越し祝いのお返しを身内に贈るタイミングとは

引っ越し祝いのお返しをする時期は、引っ越してから2か月以内が理想です。

職場仲間など普段から頻繁に顔を合わせる方に対しては、引っ越し祝いを頂いたらお礼をちゃんとして、なるべく早めに「だいぶ生活が落ち着いてきました。引っ越し祝いありがとうございました。」と感謝の気持ちを伝えてお返しをお渡ししましょう。

参考記事 引っ越し祝いのお返しをする時期ごとの旬な果物を紹介!渡す時期についても解説!

引っ越し祝いのお返しを身内に贈るときにも熨斗(のし)は必要?

お返しの品物に必ずしも熨斗(のし)をつける必要はございませんが、熨斗(のし)をつけた品物をお渡したほうが丁寧ですし、贈り物の目的が伝わりますのでおすすめします。

引っ越し祝いの内祝いで用いる熨斗(のし)の水引は、紅白の蝶結びにしましょう。
また、引っ越し祝いの内祝いのときにつける熨斗(のし)の表書きは、「内祝い」や「御礼」と書けば問題ないです。

参考記事 引っ越し祝いのお返しの熨斗(のし)の水引や表書きの書き方まとめ

引っ越し祝いのお返しを身内に贈るときの注意点

親族に対しては形に残らないものを送ることがマナーだと言われていますので、クッキーなどの食べ物など残らないものを内祝いとしてお贈りすることをおすすめします。

また、目上の方や年上の方に対して現金をお渡しするのは失礼とされていますので、商品券やギフト券なども内祝いとして避けたほうが良いです。

参考記事 なぜ?引っ越し祝いのお返しをする時の時期や贈り物のマナーを解説!

まとめ

ここまで身内の方への引っ越し祝いのお返しについてまとめてみました。

関係性が近いとしてもマナーとして、身内の方に対しても引っ越し祝いのお返しはちゃんとしたほうが良いです。

内祝いをお贈りするときには、引っ越し祝いをいただいた感謝の気持ちと新居での生活の近況などのメッセージを添えることをおすすめします。

感謝の気持ちをお伝えして、気持ち良く新生活をスタートさせましょう!

参考記事 引越し祝いのお返しを親戚のおばさんに贈る時の相場や時期とは?

参考記事 引っ越し祝いを貰った兄弟へのお返しは必要?不要?

参考記事 引っ越し祝いを貰った両親へのお返しでおすすめのギフト3選!

コメント